格言・名言集『藤井聡太』語録まとめ

名言集

藤井聡太とは?

将棋プロ棋士。

2016年に史上最年少で四段昇段を果たすと、プロ入りから無敗のまま公式戦最多連勝記録を樹立。その後も数々の最年少記録を更新している。

(楽天リンク)

名言一覧

将棋に対する思いはずっと変わらないです。

ずっと好きで自然にやってきた感じです。

将棋を指したくないとか、駒に触れたくないとか思った事はないです。

将棋をさす限り勝敗はついてまわるので、一喜一憂してもしょうがない

勝つためにはいかに最善に近づくことしかないので。

将棋に巡り合えたのは運命だったのかなとは思いますし、強くなることが使命…使命までいくかわからないですけど、自分のすべきことだと思います

羽生先生と当たるところまで登りつめないと、と思いますし、憧れからは抜け出さないといけないと思います

どうして5分で分かることを45分もかけて教えるんだろう。

授業がつまらない

20連勝できたのは実力からすると僥倖(ぎょうこう)としかいいようがない。連勝を意識せず一局一局指していきたい。

コンピュータの方が強くなったとき、棋士の存在意義が問われてくると感じます

強くならないと見えない景色があると思いますので、そこに立てるように頑張りたいです

本当に苦しかった時があった。

詰将棋も好きで続けてきただけなんです。答えはひとつですから解けるとうれしいですし、手順には芸術的な美しさがあります

もともとトランプなどでも勝つまでやるタイプだった

コメント

タイトルとURLをコピーしました